妊活中に必要な葉酸の摂取量

妊娠した女性や妊娠希望の女性にとって、もっとも重要な栄養素のひとつとされるのが葉酸です。
実際にどれくらいの量の葉酸を摂取すればよいのか、1日に必要な摂取量についてまとめました。

葉酸は細胞や器官の生成に大きな役割を果たすことから、細胞分裂が活発になる妊娠初期、つまり妊娠1ヶ月~3ヶ月にかけて十分に摂取することが不可欠とされています。

この時期葉酸の摂取不足は胎児の成長を妨げ、先天性障害の発症リスクが高まるといわれています。
妊娠が分かったらすぐに葉酸の摂取を心がけたいのはもちろんのこと、妊娠の可能性が予測できる場合には早めに摂取しておくようにしましょう。

厚生労働省では妊娠初期の妊婦に必要な葉酸の量として1日480μgを、食事以外のサプリメントなどで摂取することを推奨しています。

葉酸の妊娠初期における必要性はよく知られています。
妊娠が判明した時点ですぐに摂取開始するべきなのですが、妊娠がわかるタイミングには個人差があり、妊娠がわかったときには周期がだいぶ進んでいる可能性もあります。

そこでこの大切な時期に必要量の摂取を確実にしておくために、妊娠予定のある人や妊娠を希望している人も積極的に摂取しておくと安心です。

また葉酸には受精卵の着床率アップ、妊娠力アップといった作用も期待できるため、妊活中の女性は意識して摂取しておきたい栄養素なのです。
妊娠前の女性が摂取するべき量としては、妊娠初期と同じく1日480μg(食事以外で)が推奨摂取量とされています。

妊娠初期や妊娠前の女性の必要量において食事以外での摂取が推奨されているのは、食品中の葉酸は体内吸収率が悪いからです。

実は葉酸は体内で合成することができず、現代の日本人の食生活では普段から不足しがちとされています。
日常生活であれば、モロヘイヤやブロッコリーをはじめ色々な食品に含まれているので、これらを積極的に食べることである程度補っていけます。

ただし葉酸の大量摂取が必要とされる妊娠前後の女性は、普段の食事だけではなかなか推奨量には届きません。
葉酸は熱に弱く水溶性ビタミンであることから、調理の過程で栄養分が流出しやすいからです。

その点体内で効率よく吸収されるように作られているサプリメントなら、毎日飲み続けることで確実に葉酸を摂取できるため、上手に併用していくのがおすすめです。

葉酸サプリメントの人気ランキング
サイト名:葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ
http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12 

妊娠初期だけでなく妊活中の方にも葉酸の摂取は推奨されています。
1日に必要な葉酸の摂取量をチェックして、妊娠しやすい体作りを目指しましょう。