つわりの時期も葉酸摂取を

妊婦妊婦の体調維持と胎児の栄養源として特に今注目されているのは、妊娠前から初期においての一定量の葉酸の摂取です。この時期はつわりとも重なり大変かもしれませんが、神経管理閉鎖障害という胎児の先天性の異常を回避する効果があると言われていますので要チェックです。前述の障害は内科ではなく脳神経外科の分野になります。中期から後期においては、妊娠高血圧症候群の予防になると言われています。赤ちゃんが生まれ授乳期に入っても葉酸は大切な栄養素ですので無理なダイエットはせず、食事からの摂取と足りない分はサプリメントで補い、母体の回復に役立てましょう。
しかしながら葉酸は水溶性ビタミンの一種で、その特性上現代の食生活では多く摂取することが難しく、厚生労働省でも母子手帳に記載する等サプリメントの摂取を積極的に推奨しています。1日の摂取基準値も記載されているので参考にしましょう。
サプリメントの中には鉄分やカルシウム配合のものもあります。また、メーカーによってはお腹の赤ちゃんの事を考えて無添加にこだわった製法を取り入れたりビタミンB群やDHA配合など様々な特徴がありますので、ホームページや口コミを参考にしてみると良いでしょう。
ただし、注意しなければいけないのは葉酸の過剰摂取です。大切な栄養素でも多く取りすぎると副作用が出る場合があります。授乳期ももちろんですが、妊娠中は特にお腹の赤ちゃんにもしもの事があっては大変です。葉酸を多く含む食品を予め調べておき、対象の食品の食べ過ぎやサプリメントとの併用による過剰摂取を避けるよう注意が必要です。