葉酸の多い食材について

赤ちゃんを望んでもなかなか授からない不妊に悩む夫婦は増えてきています。その原因の一つには妊娠を望む年齢が上がってきたことにあります。女性は年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌が減少していきます。特に35歳を過ぎるとその減少率は加速していき、更年期に入る準備期間となります。妊娠するにはホルモンの分泌が必要です。ホルモンは加齢とともに減少して質が落ちる卵子の状態を改善し、排卵を正常に促す働きをします。また、加齢とともに子宮の壁はかたくなりそれによって受精卵が着床障害を引き起こします。それをふかふかのあつみのある子宮壁に改善して着床しやすくする働きもあります。このような状態にすることで不妊が改善されるのです。そのため、妊活中には女性ホルモンの分泌を促す効果のある葉酸を摂ることが有効です。むらさきいも葉酸を多く含む食べ物としては、むらさきいもや牡蠣、豆腐などです。これらの食材を使った料理を食べることで自然と葉酸が体内に摂取することが出来ます。サラダなどは様々な種類やドレッシングで楽しめるので、おすすめです。葉酸は妊活にとてもよいサポートをしてくれるだけでなく、妊娠した後も必要な栄養素です。母体に葉酸が不足することで、胎児に大きな障害が出てしまう可能性が起きたり、母体の貧血にもつながるので、妊娠してからもしっかりと摂取すべきものなのです。望んでいる妊娠の大きな力となり、母子ともに健康な妊娠期間を送るために葉酸はとても必要なものなのです。